運転したい望みが叶いました

何年も運転していなかったので、無理だろうと思っていた自動車の運転に挑戦しました。
母が倒れて病院への送迎が必要になり、息子にペーパードライバー教室をさがしてもらいました。
65歳の年齢が気になったので、ホームページを見てもらい「運転の家庭教師」を見つけてくれました。
息子が選んでくれた理由は
1.絶対に怒らないこと。
2.気持ち良くのびのびと運転させること。
3.危険な状況になる前にアドバイスをすること。
このモットーが気に入ったと勧めてくれました。
電話も息子に頼みましたが自分でしろと断られて、少し怖かったけどお電話をしました。
電話には優しそうな声の男性が出られ、不安なことの質問に親切にお答えいただきました。
どんな質問にも丁寧に詳しく説明いただき、運転練習の申し込みをしました。
年齢的なこともあり、とても不安でしたが、笑顔でお教えいただいて楽しく練習できました。
たくさん失敗しても、指導員の方がガンバレと応援いただいてやり切れました。
運転が怖かったけど、運転したい望みが叶いました。

運転に慣れていない方は緊張もしますし、パニックにもなりやすいので大きい声を出されたり
横で苦言が過ぎると、慌ててしまい本来の実力も出せなくなってしまいます。
「運転の家庭教師」に登録する指導員は、全員が指導員試験(審査)に合格して国家資格を持つ
プロ指導員です。ですから運転練習を受けるお客様が苦手に思ったり不安に感じる事を指導員に
ご相談いただければ、一つずつ解決出来るように練習メニューと目標を設定します。

65歳のT様は「恐怖心」を見事に克服して運転デビューをなさいました。
プロ指導員が苦手なところを重点指導しますので運転力が身につきます!